激安肉を高級な肉に負けないくらい美味しくする方法

安い肉をさらにおいしくする方法

実際に試してみたが美味しい。

マジで旨くなる。

肉の味なんて基本わからない、肉よりタレですべてが決まると思っている私なので

説得力はありませんが美味しく感じます。

自分で作ったものは不味くても美味しく感じるあの謎の効果は抜きにしても

美味しくなっているとわかります。

スポンサーリンク

手順1

激安肉を購入します

バラ肉ではなく肉厚のあるお肉を今回は選んでください

じゃあ安くないじゃんとか言わないの

手順2

購入したお肉をフォークでブスブスまんべんなく刺していきます

もうムチャクチャ刺してやってください

フォークで少し穴があくくらいが丁度いいです。

手順3

ハチの巣みたいになったお肉にあるものを塗りたくります。

それはお肉を購入した所でだいたい無料で置いているアレ

購入した人だけお持ち帰り可能なアレです

白い塊みたいなアレですよアレ

それは牛脂!

その牛脂をフォークで開けた穴に入り込むようにお肉全体にまんべんなく塗りたくります。

ってか言うの遅いよ!!!!!

初めに言えよ!

取り忘れたじゃんという方ごめんなさい。

手順4

出来上がった白く濁ったお肉を見てまずそうと思った方も多いはず

私はまずそうと思いました

そのお肉を一晩冷蔵庫で寝かします。

うま味を熟成させるわけです。

手順5

寝かせたお肉をみて見た目変わらないけど・・・

と思った方も  以下略

そのお肉を普通に調理します。

今回はフライパンで普通に焼きました。

油たっぷりでてきますが気にしない

手順6

食べる

旨い!!!!

今までより旨いとおもいませんか?

美味しくなってますよね?

もうそれは最高なくらい。

今まで食べたことないよこんなお肉!

と感じるはずです。

それもそのはず、牛脂は元々国産牛の油でうま味成分が濃縮された物なので

安い肉に国産牛のうま味成分を強制的に移植したかたちになります。

これだけで安肉が高級肉に生まれ変わるなんでお得ですね。

ただ準備の作業がめんどくさいのでなかなかできません。

料理は愛情と言いますが

誰かを思いやる愛情がなければなかなかここまでの準備は出来ないものです。

ですがネタの為でも愛情を確かめる為でも何でもいいので一度は試してみて欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする